歯の治療

歯周病トラブル

成人の8割近くがかかっていると言われる口中トラブルは、「歯周病」です。この「歯周病」は、ゆっくりと症状が進みます。そのために自覚症状が乏しく、歯科での治療を受ける際には、症状が深刻化している場合もあります。近年では、様々な方法を用いて、歯周病についての啓蒙活動が行われています。また、様々なオーラルケア商品が開発・販売され、日常的なケアの重要性も広く認められるようになっています。「歯周病」を予防できるセルフケアとしては、毎日のブラッシングです。このブラッシングを丁寧に行なうことで、長期に渡る歯科での治療を回避することができます。毎日の歯磨きにデンタルフロス等も利用すれば、セルフケアで歯周病を予防することができるのです。

「歯周病」は自覚症状に乏しく、知らない間に病気が進行します。症状が深刻化すると、歯科医での治療が長期化します。自分が「歯周病」にかかっているかどうかを確かめるには、定期的に歯科で検診を受ける必要があります。口中のトラブルを自覚していなくても、予防的な治療を歯科で受けることができます。歯や歯茎の状態の検査を受け、専用の器具で汚れを落としてもらえます。この時に、「歯石」が溜まっていると医師から言われたら、歯周病になっていると考えた方が良いでしょう。今日では、各地方自治体が歯の定期検診を勧めている場合もあり、無料で検査を受けにいくことも出来ます。詳しい内容等は、各自治体発行の広報等で確認することが出来ます。

注目の記事

オススメリンク

  • アイ矯正歯科クリニック

    裏側矯正は目立ちにくい治療なので、仕事・学校でもバレてしまう心配はありませんよ!治療内容はサイトへGo。